スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
湯河原の梅林 (4)
しばらくするとみかん畑の農道に出ました。傾斜がすさまじくきついです。歩くのがしんどい。
DSCF0229 (Small)

無人のみかん売店がありました。みかんが8個くらい入って100円。安いです。早速一袋購入。
DSCF0230 (Small)

歩き疲れて、渇いた喉にはみかんはえらくうまいです。一気に四個ほど食ってしまった。
DSCF0231 (Small)

山の斜面全体がみかん畑みたいです。
DSCF0232 (Small)

そのみかん畑も石垣で実にきれいに作ってあります。整備にどんだけ手間をかけているんでしょう。
DSCF0234 (Small)

DSCF0238 (Small)

この写真で農道の傾斜がわかりますね。20度くらいかな?
DSCF0239 (Small)

で、山登りはおしまい。小田原に戻りました。
ここではぜひ行ってみたい料理屋さんがあったんです。
「だるま」という店ですね。実は私がガキの頃、当家ではお正月に家族、従業員一同で伊豆山に温泉に入りに行くというのが年中行事でした。
伊豆山からの帰りには必ず「だるま」の二階で天丼を食ったものでした。
私の記憶では「だるま」は駅のそばにあったはずなんですが、今回みつけた場所は駅から数百メーター離れてました。駅前の区画整理で移設でもしたんでしょうか?
DSCF0240 (Small)

中の天井も渋いです。
DSCF0241 (Small)

おお、この鏡はなんだ? 「ンモレンリキ」! ちょっと渋すぎだろう。
DSCF0242 (Small)

注文した天丼ですが、サクサク系ではなく、しっとり系ですね。
まあ別に私は普通の天丼だと思いました。
DSCF0243 (Small)

おしまい。
スポンサーサイト
【2009/02/22 20:03】 | 日本の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) |
湯河原の梅林 (3)
幕山から自鑑水を経て南郷山まで行く道が白銀林道を横切ります。
以前、林道暴走族だったころこの林道を走ったことを思い出しました。
今では、こんなろくに交通量のない林道も舗装されているんですね。
ダートをドリフトしながらかっ飛ばすという最高の快感も味わえなくなりつつあるようです。
DSCF0209 (Small)

自鑑水なんですが水が全然ありません。単なるくぼ地です。泉が枯れてしまったんでしょうか?
DSCF0210 (Small)

枯れてしまった自鑑水のほとりに、こんな碑がたってました。
曰く、「戦に敗れた源頼朝がこの池にたどり着き、喉を潤した、なんちゃらかんちゃら。水面に平家を破り天下を治める自分の姿が映った、なんちゃらかんちゃら。」
おお、当家(平氏方)の敵、源氏の衆にはそんな言い伝えがあったのか。
DSCF0211 (Small)

自鑑水から白銀林道にでて南郷山の上りにかかります。
笹だらけの人1人がやっと通れる急な登りです。
DSCF0215mod.jpg


対向者との行き違いに悪戦苦闘しながら南郷山頂に到着。
DSCF0218 (Small)

相模湾の眺望が素晴らしいです。
DSCF0217 (Small)

真鶴半島もよく見えます。
DSCF0221 (Small)

南郷山からは下る一方なんですが、途中の森は全然手入れをされていませんでした。倒木だらけ。
DSCF0225 (Small)

ゴルフコースの横を延々と降りて行くんですが、ゴルフコースとに境界にはなぜか電気柵が。
ハイカー不法侵入防止用か?それとも、猪でもでるのか?
DSCF0227 (Small)
【2009/02/22 13:44】 | 日本の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) |
湯河原の梅林 (2)
梅林の下のほうに降りていくと渓流になっています。
でも、この公園中は石を人工的に配置したみたいです。
DSCF0177mod.jpg

水はあくまでも清澄であります。オーストラリアの川では決して見られないきれいさです。
DSCF0178 (Small)

梅林の上は岩場になっており、ロッククライミング屋さんたちが大勢いました。
DSCF0193 (Small)

梅林には少しがっかりしたので、梅林の裏山に当たる幕山に登ってみることにしました。
結構きつい登りを小一時間で山頂に到着します。
DSCF0199 (Small)

山頂からの眺めはちょっとした絶景です。
真鶴半島から伊豆の山々が遠望できます。
DSCF0200 (Small)

DSCF0201 (Small)

DSCF0202 (Small)

さらに、南郷山に向かうことにしました。
途中の杉林ですが、全然花粉の気配を感じません。
この杉林はちゃんと間伐などの手入れをしているようです。
そのため、花粉が出すぎないのでしょうか?
DSCF0208 (Small)
【2009/02/22 13:16】 | 日本の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) |
湯河原の梅林 (1)
今、東京に出張中です。2月下旬、梅の季節ですね。
今日は土曜日なので梅の香りが大好きな私は湯河原の梅林に行ってきました。
小田急の「はこね1号」で小田原まで行きました。
御殿場線用のRSEですね。初めて乗ります。
DSCF0163 (Small)

朝食はお約束の「ひれかつサンド」です。
DSCF0167 (Small)

RSEは運転台の位置が低いのでそこそこ展望車の雰囲気が味わえるんですね。
DSCF0170 (Small)

会場に近付くとそこはなんかお祭りモードです。でも、梅林なのに、梅干しを売ってる店を見かけなかったのはどーゆーこっちゃ。
DSCF0173 (Small)

まあ、七分咲きということで、梅の香りが流れてきます。
向うの山の斜面が梅林ですね。
DSCF0176 (Small)

まあ、結構な春の里山の雰囲気なんですが、この梅林、観光用なんですね。
老木もないし、去年行った曽我の梅林とはまったく違います。
私としては曽我>>>湯河原って感じでしょうか。
はっきり言って観光用の梅林は面白くありません。
DSCF0182 (Small)

入り口の広場にはお祭りモード全開の屋台が並んでいます。
この雰囲気は嫌いです。
DSCF0183 (Small)

DSCF0186 (Small)

DSCF0185 (Small)

おお、このおじさんのカメラはひょっとするとマミヤの二眼レフ?
懐かしいなー。私の友達はみんなこれを使ってましたね。
私はひねくれ者なので1人だけコーワSIXでしたが。
DSCF0189 (Small)

つづく
【2009/02/21 16:59】 | 日本の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) |
苦瓜 3
オーストラリアの山火事が話題になってますが、シドニーではほとんど山火事がありません。
気温は高かったんですが、湿度も高く火事が広がらなかったようです。
ところで、ここ一週間ほど、雨ばかり降っています。先週までの暑さがうそのよう。
Tシャツ一枚では寒い感じです。

苦瓜の色がオレンジ色に変わりました。しかも平たくなってる。
DSCF2960mod.jpg

実はこんなふうになっていました。
DSCF2959mod.jpg
来年用の種がたくさん取れそうです。
【2009/02/15 15:26】 | 菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。