FC2ブログ
パプア・ニューギニア (9) 手荷物紛失事件
やっと紛失していた手荷物が配送されました。
スーツケースについていた4枚のタグを見ていたら紛失の原因が判明。DSCF3557small.jpg
やはり間違えはニューギニア航空側に有りました。オリジナルのタグではブリスベーンからシドニー行に直接移しかえるような指示になってますがこれはあり得ない。最初の入国空港であるブリスベーンで入管を通らなければならないのでブリスベーンどまりでなければならない。この間違えのため荷物だけシドニーに行ってしまったようです。

シドニーの国内線ターミナルで間違えに気付き、翌日の便でブリスベーンに送り返しています。これが①。

ブリスベーンで通関後、②の便でシドニーに戻され、

③は自宅までの配達タグです。

そういえばポートモレスビーのチェックインの担当者が新人らしく上司に相談しながらやってました。その上司のおばさんからはブリスベーンで荷物を受け取り通関するように言われたんですが、新人が間違えて、タグに入力してしまったようです。

これはヤバいなー。これってセキュリティーホールじゃん。実際荷物の持ち主が乗っていないのにQF557は飛んじゃったわけだから。
スポンサーサイト



【2009/06/26 16:25】 | パプア・ニューギニア | トラックバック(0) | コメント(0) |
パプア・ニューギニア (8) オーストラリアへ生還
ポートモレスビーの免税店。まあ、売ってるものはバローロの免税店と大して変わらない。しかし値段だけは5~10倍高いみたい。
DSCF1051small.jpg


帰りの飛行機です。ブリスベンで乗り換え。この機体なんなんだろう。見たことない機体だぞ。
DSCF1052 (Small)
B-757でした。珍しいなー。ようは767の胴体を737なみの太さに変えた意味不明の代物ですね。

なんか、機内の注意書きがおかしいなー。何語だ?パプアの公用語は英語なのでこれはおかしい。
多分ヨーロッパからのリースじゃないのかな?
DSCF1053 (Small)

なかなか出発しない。なんか接続便が遅れてるとかで30分以上遅れて出発。

機内から見えた虹です。
DSCF1059small.jpg

ブリスベンで入国手続きになるのだが、接続便の時間が迫っても、荷物が出てこない。わしともう一人のおじさんだけが取り残されてしまった。
手荷物係のおばさんが来て「これでおしまいです。荷物ありませんでしたか?」と聞く。
わし:「ねーよ。」
おばさん:「どっかに引っ掛かってることがあるかもしれないので、チェックを依頼してみます。」
おばさん:「やっぱり、見つかりません。カウンターで手続きしましょう。」

一緒に荷物をなくされたおじさんは「ブリスベン行きのちょっと前にシンガポール行きがあったから間違えて荷物はシンガポールに行っちゃたんじゃないの?なにしろパプアの空港だからな。」

カウンターで、
わし:「シドニーへの接続便もう出ちゃったんだけど。」
おばさん:「それ最終便ですね。明日までありません。上の階のQANTASカウンターで予約の変更を頼んでください。ニューギニア航空はこんな場合でも宿泊費出しませんよ。」

上の出発ロビーでQANTASのカウンターを探すが見つからない。

しょうもないので国内線ターミナルに行こうとするが連絡電車へのドアがロックされている。

出発ロビーに戻りインフォメーションで聞いてみる。
おばさん:「電車はもうありません。最終便が出ちゃったので。」
わし:「QANTASのカウンターってどこですか。」
おばさん:「中二階の奥のほうです。」

教えられたところに行ってみると明かりは消えドアはロックされている。
呼び出しベルを鳴らすと、おねーさんが二人出てきて帰るところだと言う。
事情を話すとニューギニア航空の事務所に行くように言われ、帰りがけに場所を教えてもらう。

ニューギニア航空の事務所に行ってみると明かりは消えドアはロックされている。ベルを鳴らしても応答なし。

諦めて、とりあえず宿を確保するために出発ロビーのインフォメーションに戻る。

おばさんに近くのモーテルを聞き、電話をかけるが留守電になっている。をいをい、まだ9時ちょっとすぎだぜ。やる気あんのか?

おばさんが市内のホテルに電話を入れてくれるが、誰も答えない。

私が適当なモーテルに電話を入れ、やっと繋がり、予約できました。

モーテルからQANTASに電話で予約変更を依頼。

もーたまんねーな。



翌日、シドニーの空港から自宅に戻るタクシーの中でQANTASから電話があり荷物が見つかったのでこれからシドニーに送るということです。をいをい、ということは荷物の紛失はパプアの責任じゃ無いじゃん。ブリスベンの地上スタッフがたるんでいたわけだ。

ということで、私としては史上最低最悪の地獄の出張が何とか終わったわけです。

(おしまい)
【2009/06/26 11:44】 | パプア・ニューギニア | トラックバック(0) | コメント(0) |
パプア・ニューギニア (7) パラダイスへ
地獄から脱出してポート・モレスビーに戻ってきました。フライトの接続がべらぼうで、7時間もまたにゃならん。空港でまってられるかよ。そこでチェックインを済ませてから、空港近くの「エアウェイズ・ホテル」というところで待つことにします。多分このホテルはポート・モレスビーで一番いいホテルと思われます。ホテルの送迎バスを呼んでもらいます。ここではタクシーを使うのも危険らしく、必ず送迎バスを使えと一緒に帰るやつに言われました。
要塞化されたホテルのゲートです。おー、これで地獄とパラダイスを分かっているのか!
DSCF1049small.jpg

DSCF1047 (Small)

ホテルは空港を見渡す高台にあります。なぜかDC3が飾ってありました。
DSCF1029 (Small)

DSCF1030 (Small)

一週間ぶりにありつけた人界の朝食。
DSCF1034 (Small)
う、うまい!しかし、普通の状態で食えばどってことない代物かもしれない。

プールもあります。値段を聞いたら50キーノ。約A$25。たけーよ。
DSCF1038 (Small)

でも、なぜか水着がコンピュータバッグの中に紛れ込んでいたし(笑)、キーノも余ってるし(キーノなんか残しても使い道ないし、また使うような羽目には絶対なりたくないし)、何より暇すぎるのでプールで泳ぐことにしました。
DSCF1039 (Small)
泳ぐのは久しぶりなんだが、気持ちいい。パラダイスじゃ。

人界の昼食。
DSCF1042 (Small)

一週間ぶりの人界の飲み物。このパプアのビールは結構うまい。三本も飲んでしまった。
DSCF1044 (Small)

昼食にはさしみとすしもあったんだがこれには手を出せないなー。パプアのさしみ?想像しただけで恐ろしい。パプア一番のホテルでもお断りします。まあ、作ってる人もさしみは切り方が重要なんてことは理解してないんでしょう。さしみはただ切りゃあいいってもんじゃないんだよ。
すしはもっと論外。シャリにすし酢が入ってないに決まってる。
それに多分醤油は信じられないほどまずい支那醤油の「正抽王」に違いない。
DSCF1045small.jpg
このさしみとすしを隣の席の子連れのOZ家族が食べていた。なんて勇敢なんだろう。日本人のわしにはそんな勇気はないぞ。

これで今回の地獄編は終わったと思っていたのだがわしは甘かった。

(続く)
【2009/06/26 08:42】 | パプア・ニューギニア | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する