スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
続 リタイア宣言
リタイアを決心した理由がもうひとつあったのを思い出した。
やってられない現場作業でひどい目に合わされた機械屋の電気担当者が70過ぎの爺さんで半ボケ状態になってるようなのだ。我々はアルツハイマーにかかっているに相違ないと噂していた。まともに思考力が働くときもあるのだが、以前話したこと、依頼したことはことごとく忘れてしまう。実はこの人、業界では名の知られた電気系設計者であった。とは言え私はこの人の設計者としての能力を疑っている。以前彼の書いた制御ソフトを手直ししたことがあるんだが非常に古臭く読みにくい書き方であった。今回の小型巻上機の設計も私なら絶対受け入れない設計が各所に見受けられた。
こうはなりたくないと思った。老醜を晒すのは勘弁だ。バリバリの能力があるうちに退いたほうが絶対かっこいいのだ。
あっ、もうひとつあった。
最近は安全とか何とかがやたらうるさくなり書類ばかり作らせられる。何をやるにも書類書類でもおうんざりだ。図面描きソフト書きは好きだが、書類作りが大嫌いである。仕事がつまらなくなってきたのだ。安全規格の書類など読めないのだ。法律的言い回しが、あまりにわけわからず1ページも読まないうちに睡魔に襲われ、全く頭に入らない。将来エンジニアも弁護士の資格が必要になるんじゃなかろうか?嫌な世の中になったもんだ。もういい加減この仕事も退け時だと思う。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/15 09:23】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
リタイア宣言
以前は働けるうちは働こうと思っていて、リタイアなんて考えてもいなかった。しかし、大病後、気持ちが変わり、いつまでも働く気はかなりなくなっていた。そして最近のやってられない現場作業の結果、更に気持ちが変わってしまった。
現場入りしてからすぐにこんなことはもうやってられないという気持ちが強くなった。2ヶ月以上も現場にいるのはその間の人生を失うに等しいと思い始めたのだ。残りの人生もそんなにあるわけじゃない。現場入り二日目に年金と貯金を調べた。今すぐはちょっときついがあと2,3年働けば何とかなりそうだ。速攻で3年後にリタイアする決心をしてしまった。今回の出張(現場作業)はじつにクソであったが、リタイアの決心をさせてくれたことには感謝しなければならないだろう。
三年後と言うのには老後の蓄えの金額以外にもそれなりの理由がある。まずは3年後には私は今の会社で勤続25年になる(私が務めた会社の中でダントツに長い)。オーストラリアではLong Service Leaveと言う制度があり(ようはすぐにやめてしまう奴が多いのだ)、5年勤続ごとに20日の休暇をくれる。そう、3年後にはほぼ一ヶ月分の休暇を余計にもらえるのだ。使わなければ勤続25年100日分の休暇を会社が買い取ってくれる。これは結構おおきい。それとカンパニーカーの問題もある。カンパニーカーとは会社による車の現物支給。私の場合、会社指定でない好きな車に乗りたいので、カンパニーカーをNovated Leaseと言う方法でリースしてもらっている。これは私の名義でリースし、会社が費用を払ってくれるというものだ。ただし、会社をやめるときはリースも引き継がなければならない。リースを自分で払うのはちとキツイ。このリースも3年後に終わるのだ。リース終了後に今の車をリース会社から買い取ってしまえばよい。新車価格の30%程で買えるので大変お得である。かくして色々な都合が3年後に集約しているわけだ。

会社のGeneral Managerにもすでに宣言済み。このたぐいの仕事はきつすぎるとも言っておいたので、キツイ現場作業はもう勘弁してもらえるだろう。
これからあとを引き継ぐものを育てにゃならんのだが難しい気がする。今までも何度か失敗している。実は私のやってることってやたらに守備範囲が広く結構難しかったりするんである。経験、知識、洞察力みたいなものが必要で、普通5年程度では一人前になれない。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/13 11:23】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゴボウ収穫
かみさんが育てていたゴボウが大きくなった。じつはこれ、かみさんが、日本食品屋から買ってきたゴボウの上の部分を育てて種を採りそれを蒔いて育てたものだ。

DSCF3816 (Small)

続きを見るには下の続きを読むをクリック。

続きを読む
【2012/03/12 19:58】 | 菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マウント・アイザ出張 (28) 立坑堀のムービー
立坑堀会社の人から立坑掘削の様子をまとめた動画をもらった。非常に面白い。今までどうやって立坑を掘ってるのか全然知らなかった。立坑堀会社がプレゼン用に作ったものだと思われる。

動画リンク
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/04 07:26】 | 国内出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マウント・アイザ出張 (27) 笑い女
今日、現場から帰ってきたわけだが、ブリスベーンまでのチャーター便の中でデブのおばさんが機内中に轟く馬鹿でかい笑い声を1時間ぐらい立てていた。周りの野郎共も笑っていたわけだが笑い女に比べれば蚊の鳴くような声に聞こえた。うるさいったりゃありゃしない。いくらチャーター便で周りは刺青ものばっかりだからと言ってこのバカなDQN笑い女は何を考えているのやら?頭が壊れているんじゃないのか?全くここの鉱山にはろくな奴がおらん。
気がついたんだが、鉱山の人間も地上人と地下人でわかれているようだ。それともOfficerとWorker(労働者)か?巻上機オペレーターはほとんどがまともな人だ。F*ckもほとんど使わない。彼らは労働者クラスでは無いようだ。一方、地下作業は入れ墨者、F*ckingの世界であるようだ。

ブリスベーンの空港待合室に入ってほっとする。周りにいるのはほとんど普通の人だ。鉱山労働者はすぐわかるんだよね。短パンにビーサン履きだから。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/02 23:37】 | 国内出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マウント・アイザ出張 (26) Road Train the Movie
巻上機オペレーターの一人がロードトレインを追い越した時の動画をくれた。



鉱山への道ではこんなものがかなりの頻度で走っている。現場からキャンプまでの10分ほどのドライブで3回ほど見かけたことがある。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/02 22:31】 | 国内出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マウント・アイザ出張 (25) ジャンボ動く
ジャンボをふと見ると形が変化していた。

DSCF2433 (Small)

試運転をしていたようだ。

続きを見るには下の続きを読むをクリック。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/02 22:03】 | 国内出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マウント・アイザ出張 (24) 本櫓
今調整中の巻上機は穴掘り用であり、穴が掘り終わったら撤去される。そしてもっと大型の生産用の巻上機(Production Winder)が備え付けられる。今日、Production Winder用の櫓の一番下の部分が搬入された。この櫓は仮設の櫓を取り囲むように備えつけられる。

DSCF2435 (Small)

続きを見るには下の続きを読むをクリック。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/03/01 18:43】 | 国内出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。