スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Google 自動運転カー
最近Googleが自動運転カーを開発しているというのをネットで見かけたのでちょっと調べてみた。
どうも、ほぼ実用段階に達しているようだ。こちらによるとカルフォルニアとネバダ州では公道走行が可能になったようだ。48万キロと走行して事故ゼロとはすごいではないか?人間が運転するのより安全だ。さらにこちらを見るとそのレベルの高さがすごい。タイヤをギャーギャー鳴かせながらジムカーナをこなしているのだ。これ今すぐにでも欲しい。だいたい車を公道で運転するなど苦痛以外の何物でもない。

こちらのブログではGoogleの自動運転に開発の狙いについて憶測が述べられている。Googleのカープールを作りネットからの依頼一本で自動運転カーを依頼者のところに届け、目的地まで連れて行くというビジネスモデルを作ろうとしているのではないか?と。私もこの意見には賛成である。究極のカープールができる。これができたらそのインパクトは計り知れないであろう。そもそも、車なんてものは所有すること自体苦痛の連続なのだ。維持、税金、事故、事故処理、違反キップ、などなど数え上げたらキリがない。ネット注文で10分後にGoogleカーが来てくれるなら車を所有する必要など道楽以外では全くなくなる。だいたい自家用車なんて90%以上の時間は駐車しているだけだろう。現在の20%程度の車がプールされてれば十分だろう。車メーカーの株は売りだ。タクシーは壊滅。事故がほとんど起こらなくなるので保険屋の株も売りだ。バスの需要も大幅に減るだろう。

カープール方式は電気自動車と相性がいいと思われる。某社のSCiBという電池を使えば5~10分程度で充電できる。私はGoogleがこのビジネスをはじめるのであれば都市内用にEV、長距離用にHVを使うと思う。ちなみに現在Googleのテストベッドはプリウスである。
Googleカープールが出来ればショッピングセンターなどの駐車場もほとんど不要になるだろう。Googleはこのような駐車場をカープールとして活用すればいいのだ。あまり金をかけずに展開できるだろう。

ところで日本でも自動運転の研究はしているようであるが完全な出遅れになるんじゃなかろうか?こちらでNECの自動運転に関するpdfが読めるが、がっかりである。Googleの自動運転動画を見たあとでは今更感が半端ない。国土交通省によると2020年初頭にに実用化?話にならんではないか。検討を省レベルの機関が始めるのは「世界初」?馬鹿なんじゃないの?そんなことを自慢してどうなる?その頃にはGoogleカーがそこらじゅう走り回っておるわい。技術的にはともかく例によってまともなビジネスモデルを構築できず日本勢は完敗するのであろう。

私は車の運転、所有という苦痛から開放されるならGoogleが独占し、いかに悪儲けをしても構わない。今の車を買い換えるまでにGoogleカーができていることを切望するものである。

ジムカーナの動画を見てて思ったんだがカーレースなんてものも無意味になるかもしれん。人間が乗るより自動運転のほうが確実に早くなるだろう。人間のレスポンスはせいぜい50m秒くらいかな?機械ならマイクロ秒のレスポンスなど何の問題もない。敵うわけが無いのだ。機械に完璧にできることに命をかけてどうなる?

走る楽しみ?交通規制の強化、車の画一化、完成されていじるところがなくなった車。もうそんなものがなくなってから久しい。車なんて白物家電と大して変わらんと思うこのごろである。

思えば、自動車という移動手段はあまりにも不完全であった。こんなものに何十年も頼らなければならなかったということは人類の大不幸である。自動運転により自動車と言うものはやっと完成品になるんだと思う。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:自動車・バイク関連ニュース - ジャンル:車・バイク

【2012/12/28 09:37】 | 車考 | トラックバック(0) | コメント(0) |
最悪!シドニー空港
今日、家人を迎えにシドニー空港に行った。今はクリスマス休みで旅行客が多い。まあ混んでいることは予想していた。道路標識通りに行くとえらく渋滞しているのでタクシードライバーが使うルートで駐車場に向かう。
最近新しい駐車ビルができた。9階建てである。多分5000台くらいは入ると思われる。8階迄はほぼいっぱいであった。屋上に駐めた。驚いたことにこの巨大駐車場にエレベーターが3台しかない!何を考えているんだか?当然エレベーターはなかなか来ない。9階で乗った人だけで満杯になり他の階で止まっても乗れない状態に。

いつものことだがシドニーでの通関がやたら遅い。着陸後1時間もしてから出てきた。

駐車場に戻る前に駐車料の支払をするんだが支払い機がたったの4台しかない。当然長蛇の列である。3台しかないエレベーターの前はカートと人でごった返している。エスカレータで上がることにしたが利用者が多すぎたのか一部のエスカレータが止まっていた。当然人はエレベータに流れ、エレベータの混雑を加速させる。しかもエスカレーターは6階までで、後はスロープをカートを押して行けというのだ。ふざけてるのか?
駐車場の出口の自動ゲートにすべて係員がついている。混雑しているのでスピードアップのためだと思ったが違ったのだ。係員は「料金もう払ったの?」と聞くのである。料金システムがまともに機能していないようだ。係員は遮断機を手動で開けた。駐車ビルがなかた頃に比べて出るまでに10倍くらい時間がかかっている。
いつものことだがOZのインフラ設計のダメさ加減には呆れてしまう。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/12/23 16:36】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
仕事納め
今日は仕事納めであった。オーストラリアではだいたい仕事納めの日は会社で何か食事が振舞われる。弊社の場合はオーストラリ恒例のBBQである。まあBBQしたソーセージと肉類とサラダ。毎年こんな感じだ。それとビールとワイン。

247-01.jpg

このあとはみんな飲んじゃうんで、適当に三々五々帰っちゃいます。
このタイガービール、タイかどっかのかと思ったら、ニュージーランドのものであった。全然ニュージーっぽくないが。
ということで来年の1月2日に仕事が始まるまでクリスマス、ニューイヤー休みである。と言っても2日から始まるんだよね。こちらではクリスマスは重要でも新年はどうでもいい感じなので。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/12/21 14:17】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Man Creche
今日テレビのニュース番組でMan Creche言うものが某ショッピングセンターできたと言っていた。これは男の保育所みたいな意味かな?Ikia(イケア)でも同様のものができたという話があった。ようは女が買い物中、買い物に付き合うのが苦痛な男どもを預かってくれるのだ。クリスマス・ショッピングに付き合わされた哀れな男どもであふれることになろう。テレビとか男向きの雑誌とかがおいてあり、Wifiもあるみたいだ。これはいいアイデアである。買い物に付き合わせられるほど苦痛極まるものはない。女と男は脳の構造が違うので買い物に付き合うなど所詮無理なのだ。お互いの平和のためにあちこちに作られることを希望する。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2012/12/13 12:24】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ちょっとした収穫
当家のプチトマトである。半分ほどは食べてしまった後だが、かなりたくさん採れた。

245-01.jpg

まだ青いのがいっぱい生っているのでまだまだ採れそう。

245-02.jpg

ブルーベリーもできている。毎日チェックして熟れたやつをその場で食べている。よく熟れたものは甘くてうまい。毎日10粒づつくらい食べられる状態になる。

245-03.jpg

アガパンサスも満開になった。

245-04.jpg

今年の夏は熱いという予報であったがここしばらくはえらく涼しかった。12月に最低気温が15℃前後など極めて異例である。今日は少し熱くなるみたいだがそれでも30℃には届かないであろう。エアコンが要らないので助かる。
続きを読む
【2012/12/13 12:02】 | 菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヘンリーくんが来た
ヘンリーくんと言っても人ではない。イギリス製の掃除機である。

244-01.jpg

今までダイソンを使っていたのだが、基本性能はいいが周辺機器がダメでかみさんが切れてしまったのだ。まず、コードリールのバネがヘタって巻き込まなくなってしまった。アクセサリーも弱くホースつなぎ手の一部がかけてしまった。それで修理に出したんだが、しばらくするとまたコードの巻取りが馬鹿になった。さらにコード巻き取り機の接触不良か焦げ臭い匂いまでしだした。ここでかみさんが切れた。もうダイソンはうんざり。修理に出さなくてもいい。英王室御用達のヘンリーくんを買うことになったのだ。

ヘンリーくんハイテク機能は全くなし。質実剛健、実用一番、丈夫が第一。清々しいまでの徹底ぶりだ。まず問題のコードリールは手で巻き取るのだ。潔いではないか。イギリスでは作れない高品質の巻きとりバネをあっさり諦めるとは。しかもこのコードがやたらに長いのだ。二階の中央のコンセントに差し込めば全部屋まで届く。さらに階段を降りて一階まで届いてしまうのだ。

244-02.jpg

侮れないぞ!ヘンリーくん!

手元スイッチなどトラブルの元になる機能はすべて排除だ。このシンプルなスイッチを見よ。

244-03.jpg

赤がON-OFF。緑が強ー弱。これだけである。家には絨毯が無いので弱で十分だ。結局、掃除機なんてこれでいいのだ。ヘンリーくん、日本の家電メーカーが忘れてしまった何かを確かに持っているぞ。
続きを読む
【2012/12/07 13:51】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。