スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ATSは打ち子式
今日は日本総領事館に用事がありCityまで行ってきた。
うちからは電車で行くのが一番便利。車でCityに行くなど気違い沙汰である。
いままで全く興味がなく無視していたシドニーの電車であるが、知らない人にはそれなりに面白いかもしれない。ちょと写真を撮ってきたので紹介する。携帯で撮ったので画質は激しくしょぼい。

まずはこれ。

251-01.jpg

もう日本では見ることができないであろう打ち子式ATSである。列車を止める必要が有るときは白く塗ってある棒が30°ほど立ち上がり台車に設置されたブレーキ管コックをひっぱたくというえらく原始的なATS。いまだにこれが使われているというか、これしか無い。

続きを見るには下の続きを読むをクリック。
これが券売機である。信じられないほど馬鹿でかい。しかも非常に使いにくく。私はほとんど使ったことがない。

251-02.jpg

これを修理するために蓋を開けているところを見たことがあるが中に入っていたのはPCであった。ようはWindowsで動いているのだ。
こんなものを使うくらいなら窓口で買ったほうがよほどましだ。

251-03.jpg

これが切符。矢印が見えるであろう。改札機がアホで表裏を間違えず矢印の方に入れなければ認識しない。

251-05.jpg

うちの最寄駅から50分ほどかかるCityまで、往復A$8.80くらいだからまあ安い。

これがアホ極まりない改札機。

251-04.jpg

ともかく遅さは特筆モノだ。切符を入れ、出てきた切符を取らなければケートが開かない。ゲートの動作も信じられないくらい遅い。しかもやたらに幅が広い。東京では全く使えないであろう。Suicaの五分の一のスループットと言ったところか?
実は同じ物をシンガポールでも見かけた。イギリス系の能なし会社が作ったものなのか?

実はSuicaみたいなシステムを州交通局は開発しようとしていたんだが完全に失敗し、数億円をドブに捨て、政治問題化した。馬鹿ですか?日本からSuicaを買ってくればいいのに。ともかく、ここで電車を使うとSuicaの偉大さがよく分かる。

Wynyard駅のプラットフォーム。電車はすべて二階建てであるが、このようなクラシックと呼んでもいい古いものも多い。

251-06.jpg

帰りの電車にはエアコンがついていなかった。それで窓を開ている。今日は30℃超えであったが、まあ湿度が低いのでそれほどひどくない。いまだにかなりの確率でエアコン無しの電車に当たる。

251-07.jpg

当家の最寄り駅を出ていくエアコン無しのボロ電車。

251-08.jpg

これはタンガラと呼ばれいるそこそこ新しいやつ。G3トレイン。

251-09.jpg

これの後に出たG4トレインがいつものお約束でオリンピックデビューに間に合わなかったり、仕様よりやたらにオーバーウェイトになり訴訟沙汰になったり、といかにもOZ設計、OZ製造的なところを見せつけてくれた。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/01/04 16:43】 | シドニーの鉄道事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ヒートウェーブ襲来 | ホーム | OZのタバコのパッケージが激しくホラー化している件>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sydflower.blog78.fc2.com/tb.php/251-95b1761a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。