スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
シロアリ (2)
今日シロアリ駆除業者がトラップの設置に来た。三人組である。
家の周りに20数個のこのようなシロアリトラップを仕掛けるのだ。シロアリが家に侵入する前にトラップに設置したシロアリ好みの木に惹かれてトラップに入ってくる。定期的にトラップを点検し、シロアリが見つかったがベイトを仕掛けてシロアリをもとの巣から殲滅すると言うシステム。ベイトには脱皮を阻害する成分が含まれておりシロアリが次に脱皮するときに死亡する。毒を使うわけではないので人畜無害とのこと。

bandicam 2013-10-26 12-52-28-622

続きを見るには下の続きを読むをクリック。
まずはコンクリートのところにトラップ設置穴を開けることから始まった。コア・ボーリングである。。

294-01.jpg

ボーリング完了。2~3mごとに穴を開けていく。

294-02.jpg

物置の中

294-03.jpg

土のところにはこのようなトラップを仕掛ける。

294-04.jpg

中にシロアリの好む木材が入っており家侵入前におびき寄せる。

294-05.jpg

コンクリートのところの設置状況。

294-06.jpg

土部分。

294-08.jpg

シロアリに侵されたキャビネットにはベイトを設置。通常の設置法が使えないのでビニール袋にいれてシロアリが作った通路に少し穴を開け押し付ける。

294-07.jpg  

この後上隅にも同様のものを貼り付け、黒のビニールで全体を覆って湿気を保ちシロアリが住みやすくした。

先週風の強かった日に裏庭の木の枝が折れた。折れたところを見ると穴だらけだった。見せたところシロアリではなかろうとのことであったが念のため、木の近くにも設置してくれた。

294-09.jpg

四時間ほどで設置は終了した。後は毎月点検しに来てシロアリが見つかればベイトを設置するとのこと。
この方法のシロアリ駆除は高い。設置と一年間の点検駆除込でA$4000程もかかってしまった。たまらんものがある。しかしシロアリに侵入されると被害額は計り知れない。オーストラリアではシロアリ被害は非常に多い。まあ、仕方がない出費だろう。通常のシロアリ点検は目視と木材を叩く、巣発見器で壁をチェックするだけなのでかなり被害が進展してからでないと発見できないはずだ。この方法だと家に侵入前に発見できる。来年からは点検駆除費用は年間A$1300になる。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/10/25 19:48】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<セミの抜け殻 | ホーム | ブッシュファイア (3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sydflower.blog78.fc2.com/tb.php/294-941b0b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。