FC2ブログ
エゲレス出張 (5)
早めの列車でロンドンに向かうことにしたので、ホテルで飯が食えなかった。列車の売店のトーストサンドが朝飯です。
DSCF0671 (Small)

ミステリーサークルでも現れそうな畑が続きます。
DSCF0674 (Small)

ロンドンでは半日ほどしか時間がないので観光用のバスで回ることに。1日乗り放題で24ポンド。まあ、あまり高くはない。
DSCF0677 (Small)

ガイドのおばさんですが、まあしゃべるはしゃべるはほとんどひっきりなしにしゃべってる。よくもあんなにネタがあるもんだなーと感心したのです。とてもわかりやすい英語でした。
DSCF0680(small).jpg

実はこの日、女王陛下の誕生日だったらしく、一般参賀があるらしくバッキンガム宮殿付近はバスルートが変更になっていました。時間もないので人混みが予想されるバッキンガムはスルー。
女王陛下の誕生日記念の空軍デモ飛行が行われてみたいで、なんとWWIIのランカスター、ハリケーン、スピットファイアの編隊が飛んできました。この後、ニムロッドとかユーロファイターとかトーネードなんかの編隊が続き、お約束のアクロバットチームが、赤白青の煙を吐きながら締めて行きました。
DSCF0691(small).jpg


バス・チケットにはテムズ川の観光船もセットになっていたのでビッグベン付近からロンドン塔まで乗ってみました。おー、これはなんだ?DSCF0694 (Small)

WWIIの軍艦がテムズ川に係留されているというのは知っていたんですがどんな軍艦かは知らなかった。戦艦だといいなと思っていたんですが、これは小さいな。観光船のガイドが6インチ砲が装備されていると戦艦(Battle Ship)と言っていた。をいをい、15サンチ主砲装備の戦艦などあってたまるか。砲のサイズからすると軽巡だが軽巡にしてはでかいな。条約型超軽巡ってところかな。
DSCF0695 (Small)

これはほかに何も見なくてもいいから見なきゃいかんなー。拝観料10.7ポンド!えらく高くないか?
まあ、ロンドンにまた来ることがあるかどうかもわからんので拝観してみました。
後でネットで探したらこの鑑(HMS Belfast)の写真をいっぱい載せてるサイトもあるみたいなので一般的なものは載せません。(笑) 
最初に見る後部砲塔ですが、さすが軽巡、装甲厚が50mmほどしかない。へらへらだな。こんなんじゃ直撃食らったらひとたまりもないな。砲弾破片除け位にしかならないだろう。
DSCF0721(small).jpg

ブリッジなんですがなんかやたらすっきりしてて、あるべきものがない。舵輪がない!
DSCF0755 (Small)

舵輪操作室は二つ、下のほうの階にありブリッジからの電話指示で操作していたそうです。ダメコンのためなんでしょうが変わってるな。それならブリッジにも舵輪を装備して、下の階のは予備でいいじゃん。ポミー、POME(Prisoner of Mother England、OZはエゲレス人をこう呼ぶ)、の考えることはようわからん。
DSCF0742 (Small)
解説によるとこの地下舵輪室の勤務はえらく疲れるものだったそうです。そりゃそうだろう。まわりが何も見えず、電話指示だけで操船なんてえらく大変そう。

まあこんな感じであちこちに臨場感あふれる人形が展示されていて表情が非常に面白い。
DSCF0735(small).jpg

機械工作室もあったんですね。当然といえば当然か。戦闘艦なら壊れた部品は自前でそこそこ作れなきゃ話にならんもんね。機械工作が趣味の人間としてはこんな機械ほしいなー。
DSCF0738 (Small)

時間がなかったのでゆっくり見られなかったが、半日はかけたいところですね。
初めに言った拝観料が高いというのは撤回します。艦内ほとんどすべて見られるし、展示、解説も大変よくできています。
写真は撮り忘れたが階段がえらく急で階段のところでいつも渋滞が起きていた。落ちて怪我をする年寄りがかなりいるんじゃないかなー。アメリカでこんな状態で公開したら、訴訟の嵐になるんじゃあるまいか。

階段を上るのはどーってことないんですが、降りるときにちょっとしたコツがあるのを発見しました。後ろ向きに降りてはいけません。前向きで手すりを積極的に使うのです。手すりを握った手で滑り降り、段はスピードコントロールに使う感じです。。ほかの人の三倍以上の速さで降りられますよ。慣れれば、足は手すりに乗せてもっと早く滑り降りられるかもしれません。

見終わった感想。こんなものに乗せられて大砲の打ち合いなんてちょっと勘弁ですね。海軍さんはしんどそう。

順番が逆になりましたが有名なタワーブリッジの拝観もしました。こちらは7ポンド。たけーよ。
DSCF0705(small).jpg

上の歩道橋からの眺めはまあまあいいです。
DSCF0701 (Small)

DSCF0704 (Small)

今は使われていない当時の跳ね橋駆動メカが展示されていました。19世紀の最先端メカです。まずはこの蒸気機関で水をアキュムレータに蓄積し、
DSCF0708 (Small)

この水圧エンジンで跳ね橋を動かしていたそうです。
DSCF0717 (Small)
ようは直接蒸気機関で駆動すると大きくなりすぎるので時間をかけて水圧に変換し、一気に大出力を放出するというメカです。いまは多分油圧モーターで動いているんだと思います。

私としてはこんなものを見ているほうが、宮殿の衛兵交代なんかを見てるよりよっぽど幸せなのであります。

軽巡を見たらもうほとんど時間が無くなってしまいました。戻りのバスを捕まえます。ガイドのねーちゃんがやたら派手です。このねーちゃんは前のおばさんに比べるとめちゃ下手でした。言ってることもよく聞き取れない。
DSCF0759 (Small)

ネルソンさんの銅像はやたら高いところの祭り上げられており、御尊顔が肉眼では識別不能であります。
DSCF0768(small).jpg

ピカデリーサーカス付近。観光客であふれかえっております。
DSCF0775 (Small)

おしまい。
スポンサーサイト



【2009/06/15 08:34】 | エゲレス出張 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パプア・ニューギニア (1) 地獄への道 | ホーム | エゲレス出張 (4)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sydflower.blog78.fc2.com/tb.php/85-6c5e5077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する