FC2ブログ
パプア・ニューギニア (2) 地獄のキャンプとお汁粉地獄
キャンプにつくと持ち物検査があります。スーツケースの中身をすべて調べられました。気分はすっかり強制労働キャンプ。要はアルコール持ち込み禁止なのでチェックが厳しいようです。

キャンプの部屋はこんな感じ。これでもましなほうということです。パプア人は4人部屋に入ってるそうです。
なぜかダブルベッドに枕が二つ。野郎ばかりのサイトにどうしてだ?わしにそんな趣味は無いぞ。
DSCF0822 (small)

部屋はここで働いている人間が休みで帰って開いている部屋をあてがわれるわけである。ここではたらいてるOZは3週間休みなし1日12時間労働で9日の休みが取れすそうです。ひでー労働条件だが給料はべらぼうにいいようです。一緒に行ったやつがあるエンジニアに聞いたら月手取りA$40,000と言われのけぞったそうです。こちとら何分の一しかもらってないのにこんな奴らと同じ条件じゃ合わないったらありゃしない。
DSCF0823(small).jpg

トイレとシャワーは隣の部屋と共用。トイレ、シャワー室に鍵なし。
DSCF0824(small).jpg

クローゼットは本来の住人が鍵をかけてるので使用できない。
DSCF0851(small).jpg
いままで出張で泊まった中で最悪の部屋であります。

しかも仕事は5時から始まるので4時ころには起きなければならない。
しかも鉱山の連中と同じ12時間労働。全くもって、強制労働キャンプであります。
さらにサイトはキャンプから四駆で20分ほどかかります。サイトについた時はまだ暗く、新月が空に見えたりするのです。
DSCF0844(small).jpg

上の拡大。新月と金星かな?
DSCF0844(moon).jpg


夜明け前のパプアの森。景色は結構いいんですよ。
DSCF0843(small).jpg

毎日スコールが降るので道路はお汁粉状に。
DSCF0849(small).jpg

DSCF0846(small).jpg

ここを歩くと足はこうなっちゃうわけで、軍隊式の編上げ半長靴は必需品です。
DSCF0850(small).jpg

(続く)
スポンサーサイト



【2009/06/20 20:18】 | パプア・ニューギニア | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<パプア・ニューギニア (3) 地獄の喰い物 | ホーム | パプア・ニューギニア (1) 地獄への道>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sydflower.blog78.fc2.com/tb.php/87-12be5d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する