スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
猛暑
まだ10月だというのに今日の最高気温は39℃!10月といえば北半球では4月である。
どうも西の砂漠から強風が吹いてるようだ。10月のシドニーとしては新記録であるらしい。
この夏は暑くなりそうだ。ブッシュファイヤーも、もう発生している。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/10/10 16:44】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
シロアリ (1)
2週間ほど前にガレージにおいてあるキャビネットの扉のヒンジが外れてしまった。いい加減古いものなのでしょうがないと思っていたのだが、、、、、

289-02.jpg

数日前にもっとひどくなり、ヒンジを止めていた部材が崩れ始めた。

289-01.jpg

やっ、ヤバイじゃん。どお見てもシロアリにやられてる。でもシロアリはもういないみたい。
早速シロアリ検査屋さんを呼んでチェックしてもらった。
その結果、なんとまだシロアリは活動中であった。キャビネットの中は、

289-03.jpg

こんな状態。半分蟻塚状態になっちょる。

家全体もチェック。他の部分は問題ないようであった。
当然、駆除せにゃならんのだが、駆除作業はえらく高いようだ。見積もりと資料をEメールで送ってくれるとのこと。
このキャビネットは触らないように言われる。シロアリを刺激すると他の部分に移る可能性があるので処置が済むまで刺激してはイカンそうだ。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/10/09 16:44】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
DR ABC
DR ABCとはABC先生の話ではない。
私は職業柄、救命活動のトレーニングを毎年受けなければならない。半日コースである。感電事故における救命活動を教わるわけだ。多分オーストラリアでは義務付けられているんだと思う。
ここで出てくるのがDR ABC。これは救命活動を行うときの順番を示している。

D: Danger 周りに救命活動の支障になる危険が無いか? 救助者の安全確保。
R: Response 被救助者の意識があるか確認する。
A: Airway 気道確保
B: Breathing 呼吸しているか?
C: CPR 心肺蘇生法を実施。

以上を覚えやすくまとめたわけだ。
これもしょっちゅう変化している。以前はDRはなかったと思う。さらに心拍を確認するっていうのも以前はあったが素人が緊急時に心拍確認をするのは現実的でないということから呼吸していなかったらいきなりCPRをおこないように変わった。CPRのやり方もよく変わる。今は2呼吸、30心臓マッサージ(2回/秒)を繰り返す。以前は心臓マッサージのレートはもっと低かった。
さらに最近ではDR ABCDになったようだ。最後のDはDefibrillator。除細動器である。
CPR訓練はダミーを使って行う。人間を使うことはできない。肋骨骨折の可能性があるからだ。

Dに関しては感電している被救助者には救助者の安全が確保されていない限り触れてはならない。ちなみに低電圧の感電事故の場合は被救助者は筋肉が硬直するため体を動かすことも声を出すこともできない。電気室で固まっている人がいて声を掛けても返事がないときはその人に触ってはいけないのだ。まずやるべきことは電源の遮断。最近では各制御盤にどの遮断機を落とせば電源を切れるか書いてあることが多い。当然作業前に確認しておくべきである。それが分からない場合、遮断できたか確かでない時は低電圧電気室に法律で設置が義務付けられている救助キットを使う。これは絶縁手袋と絶縁鈎棒のセットで救助者は絶縁手袋を付けて絶縁鈎棒で被救助者を引き剥がす。電源遮断もできず救助キットがない場合は以前は蹴りを入れて被救助者を引き離すという方法を教えていたが、今ではこの方法を教えることはなくなった。救助者にとって危険なのでやるべきではにということになったんだろう。

ここで電圧区分を説明しておくが業界用語ではなんと低電圧とはAC1000V未満120V以上のことである。なんで1000V近くが低電圧なの?って、ツッコミは入れないでもらいたい。IEC規格で決まっているので仕方がない。今は極低電圧、低電圧、高電圧の三種類になったようだが以前は中電圧、超高電圧とかもっといろいろあった。救助の時の判断を容易にするため簡素化されたようだ。極低電圧は感電しても問題ない、または防護具なしで救助可能。低電圧は防護具があれば救助可能。高電圧は防護具があっても遮断して回路を接地しない限り救助活動をしてはならない。

救命活動の手続きがしょっちゅう変わってるって言うのは、経験が素早く反映されてきているのだ。救助者の安全確保への重点の置き方が年々増してきている。二次災害を防ぐことの重要性が認識されてきたのだ。

最近、日本で踏切で人を救助したために亡くなった方がいた。痛ましい限りである。しかしネットで関連の記事を見ていても救助者の安全確保の重要性に関して述べているものは見かけなかった。救助を行った勇敢な方の行動を問題にしたくないと言う日本的情緒はわからんではないが、こと人命に関わることである。美談にするだけではこのような二次災害は減らない。私はどうしてマスコミ等が二次災害を防ぐための基本的救助手続きについて解説しないのか理解できない。
上記のDも多くの二次災害の経験をもとに強調されるようになってきたはずだ。学校で救命救助訓練を義務化するべきだと思う。ちなみにオーストラリアのクイーンズランド州では義務教育で救命救助訓練を行っているようだ。

当家ではかみさん以外全員、救命救助訓練を受けている。なんかあった時には安心である。
続きを読む

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/10/06 14:28】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
総選挙
9月7日に総選挙があった。実はいろいろあって最近まで忘れていた。
自由党連合91に対し労働党55であった。改選前が72対72だったので、某民主党ほどではないが、惨敗と言っていいであろう。ザマーである。大してに人気のないトニー・アボットが自由党党首でもこの結果だった。
ジュリアが首相でなかったのが返す返すも残念だ。もし彼女が首相だったら某民主党なみに惨敗してた可能性がある。嘘つき能なし政党の末路はどこでも同じということか。

早速政権交代の効果が現れた。カンパニー・カー増税がチャラにされのだ。リース業界に変化が出てきたようだ。
当然炭素税も廃止されるだろう。労働党時代のアホな政策を一蹴してもらいたい。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

【2013/09/18 12:32】 | 独断と偏見によるオーストラリア事情 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ボーダーコリーのメイ、フリスビー動画 (2)
 前回の動画が同じようなキャッチ・シーンばかりだったので今回は二人でいろいろ撮ってみました。
距離を前回の30m位から50mくらいの伸ばしたので成功率は高くありません。



285-01.jpg

テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

【2013/09/15 13:12】 | ボーダーコリーのメイ | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ | ホーム | 次のページ
シドニーだより (元シドニー花便り)


シドニーでのガーデニング日記(だけではなくて、その他いろいろ)

プロフィール

sydflower

Author:sydflower

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。